電話査定 査定フォーム
骨董品

工芸品の買取なら出張買取の良品企画。高く売るためのポイントは?

工芸品の買取強化中!

古くから伝わる日本の伝統工芸品は希少性が高く、1,000種類以上あると言われています。

工芸品に対するニーズは、時代や需要によって変動するため、買取相場も変わっていきます。

工芸品の査定・買取に出す際は、適切な相場を把握している専門の鑑定士に依頼することが大切です。

では早速、工芸品を高額買取するコツをご紹介しましょう。

工芸品とはどんなもの?

電話査定
査定フォーム

「工芸品」とは、職人の手によって、丁寧に芸術的要素を備えて作られた日用品の工作物をいいます。

「工芸品」と一口いっても様々な種類があり、日本の伝統工芸品や細工品のほか、海外のアート工芸品も含まれます。

伝統工芸品には鉄器・陶磁器・漆器・木工品などがあり、希少性が高いものは高値で買取されるケースが多いです。

買取対象となる工芸品・細工品

ご自宅に伝統工芸品・細工品がある場合、以下のものが主な買取対象となりますのでご確認ください。

伝統工芸品の種類

陶磁器、漆器、蒔絵、螺鈿、沈金、蒟醤、彫漆、鉄器、漆絵、鎌倉彫、堆朱、根付、織物、うちわ、和紙、筆、そろばん、和傘、提灯、郷土玩具、和楽器など

金工品

南部鉄器、東京銀器、燕鎚起銅器、越後三条打刃物、高岡銅器など

陶磁器

益子焼、九谷焼、美濃焼、伊賀焼、常滑焼、信楽焼、四日市萬古焼、京焼・清水焼、備前焼、萩焼、伊万里焼、有田焼、唐津焼、薩摩焼、壺屋焼など

漆器

輪島塗、香川漆器など

漆芸・蒔絵

漆器、蒔絵、螺鈿、沈金、蒟醤、彫漆など

木工品・竹工品

江戸指物、江戸和竿など

地域別では、京都が最も多く、関東、東北から中国・四国地方、京阪神、北海道など日本各地に点在しています。  

工芸品・細工物の買取相場(参考)

工芸品・骨董品や美術品の相場は、時代の需要や人気度によって変動しています。

参考までに、近年に当社が買取した工芸品・細工品の買取相場を見ていきましょう。

作品名 買取参考価格
伝統工芸士 頓所芳男 加茂総桐箪笥 30,000円
桂山作 純銀製急須 70,000円
亀文堂 銀象嵌入 鉄瓶 100,000円
油絵 花瓶 ぐい呑セット 250,000円
秦蔵六 獣口 鉄瓶 550,000円
奥野一香・清龍 将棋駒 「清流」 700,000円
三世秦蔵六作 純銀瓶 「阿古陀」 800,000円
電話査定
査定フォーム

買取できない伝統工芸品・細工品は?

一般的に大量生産されている工芸品・細工品は買取対象外となります。

激しく破損しているもの、著しく状態が悪いものは市場での需要がないと判断されるケースが多いです。

また、盗品と思われるものや偽物と思われるものも買取対象となるのでご注意ください。

高価買取される工芸品・細工品は?

コレクターに人気がある工芸品・細工品は需要が高く、高額買取されやすいです。

百貨店やデパートの日本伝統工芸展に出品された京都の西陣織や佐賀県の有田焼などは通年人気です。

展覧会、個展のために作られた力作や人間国宝(重要無形文化財)の作品も高額買取になるでしょう。

芸術性・希少性が高い工芸品は高値になる

伝統工芸品は職人による手づくりの作品のため、細部まで細かく作り込まれているのが特徴です。

同じ作家の作品でも一点一点をよく見ると微妙に異なり、芸術性や表現力に違いがあります。

芸術性・希少性が高く、記念品など特別な機会のために作られた作品は高値が付きやすいです。

伝統工芸品・細工品を高く売るコツ

自宅に漆芸・木工品など、伝統工芸がある場合はなるべく高く高額買取したいところです。

ここからは、伝統工芸・細工品を高く売るコツをご紹介します。

工芸品には共箱(ともばこ)などの付属品がある場合、買取価格は大幅にアップします。

共箱とは、桐などでできた収納箱のことをいい、当時のままの箱に在銘、銘、花押が入っています。

作家本人による直筆の箱書きや道具を収める箱に作家の銘が入っていることがあります。

共箱の付属品がある場合とない場合では、査定額に大きな差が出るので揃えておきましょう。

伝統工芸品は作られた年代で査定額も変わるため、どの地域でいつ手に入れた物か情報も必要です。

詳しいことは分からないケースも多いですが、詳しい情報を集めておくと高額買取に繋がります

保存状態を良好に保つ

伝統工芸品・細工品にかかわらず、買取対象は保存状態が良好なほど、査定額は高くなります。

古くから保存している工芸品はシミや痛みが目立つケースが多く、少しでも保存状態が良いと買取金額が高くなるのです。

工芸品に破損、汚れ、割れ、キズがないか確認して、買取するまできれいに保管しておきましょう。

専門の鑑定士に査定してもらう

伝統工芸品の査定は買取り業者側に市場価値と査定・鑑定力が求められます。

近年は気軽にものを売買できるフリマアプリやネットオークションを利用する方も増えてきています。

しかし、芸術性と希少性の高い工芸品・細工品に関しては、プロの鑑定士に査定してもらうことが大切です。

相場動向を把握している鑑定士に査定額を出してもらえば、相場に見合わない失敗を防ぐことができます。

芸術的工芸品は価値を見出すことが難しいため、業者によって買取り価格に差が出ることがあります。

現在、その工芸品は市場でどのくらい価値があるのか見極めることができる買取り業者に依頼しましょう。

工芸品・細工品の買取査定は実績多数の良品企画へ

自宅に眠っている工芸品・細工品に価値があるか見極めるには、工芸品の査定を得意とする買取り業者に依頼しましょう。

出張買取・宅配買取専門の「良品企画」は工芸品・細工品の査定実績多数の買取業者です。

各種工芸品の市場価値に精通したプロの鑑定士が揃い、丁寧に扱い査定させていただきます。

売買実績や市場の動向やコレクターの人気度を把握した上で、適切な査定額を提示させて頂くのでご安心ください。

「良品企画」は全国各地の都市へ工芸品の出張買取に対応しています。

ご自宅で骨董・民芸・工芸・古布・着物なとが見つかった場合はぜひ一度、当店にご相談ください。

作家・作品名が明らかになっていない場合も買取できる場合があるのでご相談はお気軽にどうぞ。

まとめ

引越しや遺産整理の際に見つかった工芸品は処分をする前に、買取査定に出すと高く評価される可能性があります。

工芸品を高価買取するコツを抑えて、信頼できる買取業者に査定を依頼しましょう。

リサイクルショップ良品企画

コメントを残す

*

生もの以外は何でも査定します!
生もの以外は何でも査定します!