電話査定 査定フォーム
買取の予備知識

引越×買取で目指せ、0円引越!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

どうして0円で引越ができるの?

弊社は引越業とリサイクルショップの二本柱で事業を行っております。

・引越には当然お金はかかりますよね?

・リサイクルショップにモノを売却すれば当然お金はもらえますよね?

それを同時に行っているのが弊社でございます。

お支払い料金

単純明快!!

引越でかかる費用をモノを売却した収益で相殺させましょう!
というのが弊社の引越プランです。その名も、

引越×買取で目指せ、0円引越!

ざっくりとした流れはこちらより。

引越時はなんやかんやで不用品が出ますよね?

引越時はなんやかんやで不用品が出ますよね?それを捨てるにも結構お金はかかるし…。なんとなくもったいないですよね?

メルカリやヤフオクで売りましょうか?それが一番金銭的なメリットは大きいとは思います。でも、

出品面倒くさい

写真撮影→出品→連絡のやり取り→入金確認→梱包→運送会社の手配→発送
流れを考えると相当な労力となります。

それに退去日までに大型のモノが売れなかったらどうしましょう?
目も当てられない…。スケジュールが完全にくるってしまいますよね。

小さくて比較的高価なもの、新居に持って行ってもいいなと思っているモノに関しては、
正直申し上げるとメルカリやヤフオクで売却するのが得策かもしれません。
ただ、大型のモノは要注意ですよ!

あとはご自身の心の余裕と相談してください!

時間と心の余裕がありません!でも、そんなうまい話あるの?

知らないの?

あるんです。

例えば、東京から横浜まで家族3人で引越したとしましょう。

引越相場

上記の物量で繁忙期を除けば、
費用としては大体8万円くらいだと想定されます。

そこで、買換えと荷物のスリム化を考慮し下記の商品は売却するとします。

断捨離効果

買取額が上回り、2万円貰えます。

もちろん引越料金が上回ることもよくあります。特に2-4月の繁忙期は引越料金自体が跳ね上がってしまうので…。
しかし、費用を相当押さることは可能だと思います!

ちなみに弊社の買取品目は膨大です。生もの以外、再販可能なモノはすべて商材にする!というスローガンのもと動いております。
是非リンク先からご確認くださいませ。

本来、引越屋とリサイクルショップは敵対関係なんです。

なんで?と思うかもしれませんが、本来引越屋とリサイクルショップは敵対関係なんです。

対立

引越屋は荷物をたくさん運ぶことによって収益が上がります。
リサイクルショップはモノをたくさん買取することによって収益を上げます。

目的が相反していますよね?

引越屋さんはリサイクルショップにモノを買取られると荷物は減るんです。要するに収益が落ちます

リサイクルショップは新居にモノを運ばれると何も買取ができないんです。要するに収益が落ちます

これが別々の会社で行われていたら当然、敵対関係になりますよね?
それが弊社は同時にできてしまう。そこがとっても強みなんです。

ありふれたサービスに感じますが?

世の中には数多くの引越屋が存在します。また、星の数ほどリサイクルショップも存在します。
では、なぜこのようなサービスはあまり馴染みがないのでしょうか?

実は弊社は引越屋とリサイクルショップが事業統合してできた会社なんです。

引越屋上がりのスタッフとリサイクルショップ上がりのスタッフそれぞのの証言
をざっくりまとめるとこんな感じになります。

スタッフの証言

お互いの業務を敬遠するんです。笑

なので、隣接した業務にも関わらず、融合したサービスが生まれにくいのです。
それぞれの分野のプロ同士が事業統合したからこそ提供できるサービスなのです。

だからと言って相見積は重要。

正直申し上げると、リサイクルにモノが回った方が収益率は高いです。
なので、売却を考えているものが多い場合、弊社のサービスは非常に有効な手段だと考えています。

ただ、売却するものが少ない場合や5人家族以上の比較的大がかりな引越は『引越見積もりサイト』などの見積もりサイトも念のため使ったほうがいいと思います。
最大10社からの見積もりが届きますので、時には圧倒的な価格差が出る場合もあります。

ただし大至急業者から多量の電話がかかってくるので、そこだけ注意してください。鬼電が嫌なら弊社にご依頼ください。笑

私も自社の収益を度外視に話していますので本当ですよ!ちなみに弊社は引越見積もりサイトに登録しておりません。

安いには理由があるんです!

それにしてもなぜ引越料金にはここまでの差が出るのでしょうか?私が検証した結果下記のようになりました。

会社種類

取り組み・動機

行動

結果

引越×買取の弊社

一業務に対しての収益最大化を図る。

引越と買取を同時に行う。

引越し費用を抑えて、同時に断捨離。

大手引越屋A社

とにかく事故やクレームは最大の敵。

時間と人員に余裕を持つ。

引越し費用は高いが、安心丁寧。

偶然安かった
引越屋B社

その日その時その場所でトラックと人員が空いていて、
うまい感じで仕事を合致させたい。

その日その時その場所でよけれ安くできる。

今回は安かったがいつも安いとは限らない。
内部の事情なので、外部からは察することができない。

格安引越屋C社

コスト削減で競争力をつける。
薄利多売で業績確保。

残業代カット、高速道路不使用。
ギリギリの人員、余裕のない配車。

料金は安いが、トラブルもつきもの。

ざっくり4種類に分けてみましたが、いかがでしょうか?自分で言うのもなんですが、

弊社のサービス良くないですか?

お見積もりの依頼お待ちしております!!

電話査定
査定フォーム
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

コメントを残す

*